後発医薬品

後発医薬品とはなんなのかを知るためには、まずは先発医薬品について知る必要があります。

先発医薬品は新しく開発された医薬品のことで、新薬、先薬とも言われています。 こうした先発医薬品は一定の期間、特許によって保護されており開発した企業が独占販売する権利を持ちます。

特許期間が切れた後、他の企業が同じ効果、同じ成分の薬を開発し販売することができるようになるのですが、この薬のことを後発医薬品と呼んでいます。

後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ばれています。




1.後発医薬品の特徴
2.後発医薬品のメリット
後発医薬品は一般的に効果は同じでありながら、先発医薬遺品よりも安い価格で販売されています
後発医薬品の最大のメリットは値段が安い点でしょう
3.日本の後発医薬品のシェア
4.欧米の後発医薬品のシェア
日本では後発医薬品はどれぐらい普及しているのでしょうか?
欧米諸国での後発医薬品のシェアはどうなっているのでしょうか?
5.生物学的同等性試験ガイドライン
6.後発医薬品のルール変更
どのようにして先発医薬品と効果が同じであることを確認しているのでしょうか?
2010年4月1日より、後発医薬品に関するルールが一部変更されました
7.中医協って?
8.後発医薬品を扱う製薬会社
中医協とは中央社会保険医療協議会の略称で、厚生労働省の諮問機関組織です
日本ジェネリック、沢井製薬、日医工などがあります