1.後発医薬品の特徴

 

後発医薬品

後発医薬品は、一般的に先発医薬品よりも安い価格で販売することが可能で、さらに薬の味を改善したり、 飲みやすくしたり、保存可能期間を伸ばすなど、価格の低下だけではなくより飲みやすく使いやすい薬になるように工夫がされています。

後発医薬品として販売を行うためにはその薬が先発医薬品と同じ効果を持っていることを証明しなくてはならず、厚生労働省に承認を受ける必要があります。
そのため、現在販売されている後発医薬品は全て厚生労働省に認められたものということであり、安全性や信頼性の面はまったく問題ないと考えることができます。

まったく同じ効果でありながら複数の薬が販売されるようになるころで、薬を利用する側には選択肢が生まれます。 特に後発医薬品は価格の面で先発医薬品と大きな違いが出ることになりますのでこれは利用者にとってはありがたいことだと言えるでしょう。 日本国内でも広く普及し始めており、今後より身近な存在になっていくと予想されます。

 


TOP

1.後発医薬品の特徴/ 2.後発医薬品のメリット/ 3.日本の後発医薬品のシェア/ 4.欧米の後発医薬品のシェア/
5.生物学的同等性試験ガイドライン/ 6.後発医薬品のルール変更/ 7.中医協って?/ 8.後発医薬品を扱う製薬会社/